投資は様子を見ることで、失敗のリスクを抑えられる

基本的な知識

マンション経営がリスク軽減の最善策

資産運用の中で比較的失敗が少ないとされている不動産投資ですが、不動産投資でも失敗する場合はあります。失敗の代表的な例が、借主が見つからないことです。 借主が見つからないということは、物件が良くないと考えてしまいがちです。確かに、物件が良くないことも失敗の原因ですが、根本的な原因は他にあります。 不動産投資する人は収益物件を1つしか所有していないことが多い傾向にありますが、それでは、いくら物件が良くても借主が見つからない可能性はあります。ですから、複数の物件を所有すれば良いのです。所有する物件数が多ければ多いほど、借主が見つからない可能性は低くなります。 ということですので、不動産投資を失敗しない方法は、自動的に複数の部屋が所有できるマンション経営ということになります。

マンション経営の現実性

いくら何でもマンション経営というのは話が飛躍しすぎていると感じるかもしれませんが、そんなことはないのです。もちろん、マンションを1棟購入しなければなりませんから、多額の資金が必要となります。しかし、ローンが利用できますから、全額購入資金を用意する必要はないのです。用意する資金は、マンション販売価格の2割程度で十分だと言われています。 また、何も高額なマンションを購入する必要はないのです。安い中古マンションでも、収益物件に相応しいマンションはあります。そして、中にはマンションの1部屋分の価格で丸々1棟販売されている、お得な中古マンションもあります。 素人にマンション経営なんてできるのかという不安もあることでしょう。その不安は、もっともです。しかし、マンション経営をサポートしてくれる会社がありますので、そういった会社と契約すれば、素人でもマンション経営は十分に可能なのです。

Copyright (c) 2015 投資は様子を見ることで、失敗のリスクを抑えられる all reserved.