投資は様子を見ることで、失敗のリスクを抑えられる

赤字にならない為に

アパート経営の特徴や注意点

アパート経営をする場合には、必ず収益を上げることを前提に行う必要があります。アパート経営は、マンション経営よりもリスクが少ないと言われていますが、どちらも赤字になりやすいのが特徴です。 その理由は、地価が上がるわけではなく、下がり続けているからです(一部の土地では微増しているところもありますが、長期的に見れば大して上がっていなません)。 もし、これからアパート経営をする場合には、そのリスクも把握して慎重に行うべきです。アパートに空室が増え、赤字になってしまい、アパートを購入した時のローンすら払い終えていないままアパートを売りに出さなければいけないということだけは避けなければなりません。ローンを帳消しにできるほどの額で売れる可能性も少ないからです。

空室が増えた場合の対策かて

今から50年ほど前、アパートの多くはは共同の炊事場で共同のトイレでした。風呂は近くの銭湯へ行くというのが一般的でした。 実は、最近当時のアパートのリバイバルのようなものが流行っています。それがシェアハウスです。シェアハウスとは、各自は1室ずつ部屋を持っていますが、各アパートの部屋には水道が敷かれていません。そのためトイレは共有で、キッチンも共有です。風呂場はありますが、これも共同になります。ただし50年ほど前のアパートと違うところは、貧乏臭さはなく、むしろ清潔で明るい感じが特徴なのがこのシェアハウスなのです。また、女性専用のシェアハウスなどもあり、当時とは違った雰囲気があるのが特徴です。 アパート経営では空室の多い既存のアパートをシェアハウスにして空室をなくすことも考えられています。

Copyright (c) 2015 投資は様子を見ることで、失敗のリスクを抑えられる all reserved.